プロトタイプとWebサイト設計のワークフロー[東京会場のみ]

goto_session

マルチデバイスの時代になり、デザインカンプを起こすという事が減っています。スマートフォンやタブレット、そしてPCのサイトを効率良く制作していくには、ワークフローの中にプロトタイプを取り入れるのがひとつのカギになるかもしれません。

プロトタイプの導入は設計思想を感覚的にも理解していただけるというメリットがあります。まだ試行錯誤中の部分もありますが、初期設計段階からクライアントにも積極的に参加してもらい、サイトを作り上げるやり方をご紹介します。

 

後藤 賢司(ごとう・けんじ)

よつばデザイン

出版社、デザイン会社、広告代理店のWeb制作会社、企画・マーケティング会社を経て、2006年、よつばデザイン設立。 Webサイトの企画、制作、運営、ブランド立ち上げ等を中心に活動。 CPI エバンジェリスト。WP-Dグリーン。 キッズファッション情報サイト「COCOmag」を共同運営。 地域活性化につながる情報サイト「jimomag」運営。 WordPress コミュニティの WordBench や WordCamp スタッフ、「ゼロから始める WordPress 勉強会」などの活動を行っている。 Facebookグループ「webクリエイターのための情報交換所」とWebサイト「Webクリエイターニュース」運営。

共著書に『WordPressプロフェッショナル養成読本』(技術評論社)、『現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド』(MdN)、『プロが選ぶ WordPress 優良プラグイン事典』(MdN)がある。