デザイナーのワークフローを変えるAdobeモバイルアプリの実力。

kitamura_session

昨年秋、Adobeのモバイル用アプリが多数発表されました。

これにより、IllustratorやPhotoshopを含むAdobe製品の連動はますます強まり、デザイナーの作業現場にも大きな変化が出始めています。

アイコンもテクスチャーもカラーパレットも、Web製作の現場にありがちな使いまわしの配布素材はもうやめて、これからは自分の手で作りましょう。

このセッションでは、Adobeモバイルアプリの中でも、特にデザイナーの使用頻度が高いと思われるIllustrator Draw、Brush CCなど、いくつかのアプリを取り上げてご紹介したいと思います。

 

北村 崇(きたむら・たかし)

TIMING

1976年生まれ:神奈川県秦野市出身
POP、広告、ディスプレイなど、複数の制作会社を経て2006年にデザイン事務所 TIMINGとして独立。以後、ロゴマークやキャラクターデザイン、印刷物やグッズ制作などのグラフィックデザイン全般から、Webディレクター、デザイナーとして、デザインからCMS構築まで一貫した制作を行う。また定期的なセミナーや勉強会運営、講師等も行っている。

主な著書に、『ビジネスサイト制作で学ぶ WordPress「テーマカスタマイズ」徹底攻略』(マイナビ 共著)、『現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド』(MdN 共著)など。