WP-D Fes #02 2014 / 05 / 31 / sat

Interviews in MEMBERS

最前線で活躍するプロの思考に触れて、自分自身をバージョンアップ!
ワークスタイル・考え方・ターニングポイント

LTバトル開催に伴うLTってなに?という方へ主催者メガネの事例紹介

2014.05.30
セッション紹介

本イベントでは懇親会においてLT(ライトニングトーク)バトルを行います。概要等はこちらをご覧ください。

集えLTの強者達! 同時開催LTバトル募集のお知らせ

lt

LTとはLightning Talk(ライトニングトーク)の略です。5分ほどの短いセッションです。百聞は一件にしかずですので、とりあえず私がこれまでにおこなったLTの動画をお届けします。

2011年のWordCampでのLT

ドラ娘を罠にかけるOne more thing

WordVolcano でのLT WP-D発足

時間切れで最後唖然となる orz

WordBenchでのLT レインボー系プラグインの紹介

自前で音楽をかけながら

HTML5ConferenceでのLT HTML5のピンチとチャンス

KeynoteをHTML5のタグ風にデザイン

というような感じで、5分なので、自由度も高いですし失敗しても大丈夫です。登壇するということの楽しさを感じてもらえればと思います。
そしてまだ若干名ですが、募集しておりますのでメッセージ等お送りください。

当日はきっと楽しいLT大会が行われることでしょう。おたのしみに!

参加登録希望者は以下から申し込みをお願いします!
申込み後、LT参加希望とメッセージをお送りください。皆様のご応募を心からお待ちしております。


上田 キミヒロ ふわっと自由、50年後を見据えた教育の場づくり【セッション紹介】

2014.05.30
セッション紹介

14期目となるロクナナ株式会社代表の上田さんに対する大串の印象は、「おしゃれでチカラがぬけてて、ふわっとしている。」でした。

社長業は社員全員の人生を背負った上で上手くいくか、駄目になるか。そういった大きな責任やリスクを背負う、大変な仕事であり、我の強い一癖も二癖もあるような方が社長業に多いイメージなのですが、そういったイメージと間逆なの印象です。

なぜ社長業を?という事前ヒアリングにおいて、上田さんは

「社長業をやりたくてやってるわけじゃないんですけどね。」と、ふわっと答えられます。

では、さらに通常の業務に比べ、儲けが少なそうなワークショップをなぜ続けているのですか?という質問に対しても

「全体で見た時に赤字でないから。」と答えられました。

これまたふわっとした回答かなと思ったのですが。実はワークショップを続けることには「50年後の日本のために役に立ちたい」という大きな目標があるということが伺えました。

ueda

「単純労働は今後、どんどん海外の労力や、ロボットによって最適化され、なくなっていくだろう。今後も東京で東京らしい仕事のしかたをするためには、勉強を続けないといけない。そのためにはおとなになっても学ぶ場所が必要だと思うんだよね。」

あんまりココで書くと、当日の楽しみがなくなりますね。きっと勉強会やコミュニティーに参加したり、運営されたりしている方々にとって
新たな発見がたくさんあると思いますよ。どうぞ当日のセッションをおたのしみに!


上田 キミヒロ

株式会社ロクナナ 代表取締役社長・プロデューサー
ロクナナワークショップ 代表
京都育ち、東京在住。
CD-ROM制作、講師などを経て、インターネットコンテンツ制作へ。Web黎明期より各種コンテンツ開発に関わる。制作室を渋谷区神宮前に移転するとともに株式会社化。プロトタイプや各種アプリ、Webサイト開発への技術提供を主な業務としている。
また、後身の育成と業界全体の活性化をテーマに、2003年にWeb制作技術の学校「ロクナナワークショップ」を開講。Adobe認定トレーニングセンターとしても各種イベントや講座を開催。
2014年には「ロクナナワークショップ銀座校」、小中学生向けプログラミングスクール「ロクナナキッズ」などの開講を予定。
座右の銘は他力本願。


山本 裕介 エンジニア兼経営者の処世術【セッション紹介】

2014.05.28
セッション紹介

copy-samuraism-header

新卒でSIerである新日鉄ソリューションズに入社。その後外資系のテクニカルサポートやコンサルタントとしてソフトウェアベンダを3社渡り歩いた後にたどり着いたのはTwitter社。
エンジニアとして実に5社を渡り歩き着実にキャリアを積み重ねてきた後、現在は独立起業してJetBrains社のPhpStormなどの販売を手がける会社を経営していらっしゃいます。
外資系企業を渡り歩き、今も海外の企業と取引をしていらっしゃる山本さんは元々英語がペラペラなのかと思えば、実は帰国子女ではなく留学経験もないそうです。

そんな山本さんの

などを伺いたいと思います。ぜひ当日をお楽しみに!!


山本 裕介

株式会社サムライズム 代表取締役社長
Twitter APIのデファクトスタンダードライブラリ『Twitter4J』の開発者。Twitter API連携支援プログラムであるT4J Enterpriseの提供や、PhpStormの販売を行う株式会社サムライズム代表取締役。また、クリエイティブ集団abstのAPIスペシャリストも務める。


白石 俊平 日本最大級のITイベントオーガナイザーの希望と現実そして引退宣言【セッション紹介】

2014.05.27
セッション紹介

やる気のスイッチを入れるための一番の原動力は、大きなことを言ってしまうこと。

白石さんとしえば、知る人ぞ知る 日本最大(6,000名超)のHTML5開発者コミュニティ「html5j」管理人さんです。つまりリーダーですね。昨年行われたHTML Conference 2013 では1300人規模のイベントとなりました。

htm5j

そんなコミュニティーを一から立ち上げ、現在に至るまでにはどういった経緯があったのでしょうか。興味は尽きません。html5jのすごいなと大串が感じるところは 「つながる」「学べる」「盛り上がる」というキーワードのもと、「日本が世界のWebシーンをリードするような存在になる」という大きな目標があるところです。

これについて事前ヒアリングにおいて白石さんは
「やる気のスイッチを入れるための一番の原動力は、大きなことを言ってしまうこと。」と仰ってました。これはとても魅力的な内容と感じています。

さらに先日なかなか衝撃的な発言がありました。現在開催中のhtml5jのイベント HTML5 Japan Cup 2014 by html5j を自分のhtml5jでの活動の集大成とし、html5jの運営からは距離を置くと仰ったのです。

コミュニティーの立ち上げから、活性、そして引退宣言。これまで語られることが無かった、お話が沢山聞けそうです。

今後コミュニティーを立ち上げたい。今、所属もしくは運営しているコミュニティーをもっと大きくしたいと、考えているのであれば、とても参考なるでしょう。
また、ボランティアとして活動することと、その成果についても質問してみようと思います。

どうぞ、当日をおたのしみに!!


白石 俊平

株式会社オープンウェブ・テクノロジー代表取締役として、Web標準技術に関するコンサルティングや開発に従事。
Web技術者向け情報メディア「HTML5 Experts.jp」編集長、日本最大(6,000名超)のHTML5開発者コミュニティ「html5j」管理人など、Web先端技術に関する情報発信とコミュニティ活動を継続的に行う。
Google社公認Developer Expert (HTML5)、Microsoft社公認Most Valuable Professional (IE) 。
著書に「HTML5&API入門」(2010, 日経BP)、「Google Gearsスタートガイド」(2007,技術評論社)など。監訳に「実践jQuery Mobile」(2013, オライリー)など。


日本のマーケティングを変えて心豊かな社会をつくりたい 株式会社メンバーズ【パートナーセッションのご案内】

2014.05.27
セッション紹介

members

日本のマーケティングを変えて心豊かな社会をつくりたい – オウンドメディアとソーシャルメディアを組み合わせて、共感を生み出し共創を促すマーケティングを –

1981951_836905126336628_1533775936_n株式会社メンバーズ
人材開発室長 兼 エグゼクティブプロデューサー
川井 健史

パートナーセッションでは、大串が 株式会社メンバーズ 人材開発室長 川井さんから株式会社メンバーズの目指す未来を伺います。

皆さんは、株式会社メンバーズをご存知ですか? もし知らないという方。

でも、下記のページを見てみてください。
主要顧客一覧|実績紹介|メンバーズ

みんな聞いたことのある会社さんですね。実はこれらはすべて株式会社メンバーズがWebサイトもしくは、ソーシャルメディアの運用をサポートしている会社さんなのです。

事前ヒアリングにて川井さんも「地味に見えるけど、大きな仕事をしているんですよ。」と仰ってました。当日のインタビューではその辺り、実際にWebサイトやソーシャルメディアを活用し、どのように、共感を生み出すマーケティングを展開されているのか?そしてどういった未来を目指されているのかを伺います。

マーケティングの分野に進みたいなと考えている方には、とても刺激的なセッションになることでしょう。
ぜひ当日をお楽しみに!!


カテゴリー


Sponsorスポンサー

Next Event

次回予告

WP-D Fes #03 次回は2014年 夏の終わりか秋のはじめに野外でのイベントを予定!!

Go Outdoor!! with IT

日々室内で、仕事を行うIT関係の皆様。折角なので外に集まってみて、一泊バンガローやテントで過ごしながら、お昼からビールを飲みながら、わいわいたのしく、勉強会をしませんか!?

ご期待ください!!


WP-D Fes #02 Interviews in Members のホスティングサーバーは ConoHa を利用しています。
Proudly powered by WordPress

Special Thanks

WP-D Fes #02 Interviews in Membersを支えるスタッフ紹介

▲TOP