WP-D Fes #01 2014 / 02 / 01 / sat

Megane Fes in GMO

これからのWeb制作について考える!
・コミュニティー・CSSフレームワーク・自動化・ファイル管理・ディレクション・事例紹介

クライアントと同じ方向を向いて働くということ 後藤 賢司さん【セッション紹介 】

2014.01.27
セッション紹介

1611690_10203180555943915_485637549_o

こんにちは。今回お話させていただく事になりましたよつばデザインの後藤賢司です。

出版社としてグラフィックデザイナーとしてスタートし、デザイン会社〜Web制作会社(広告代理店)〜企画・マーケティング会社を経て独立しました。発注される側、発注する側も経験しています。

近年、様々な新しい技術が早いサイクルで出てきたり、一般の人でも簡単にWebサイトなどが作れるサービスが出てきています。そんな中でWeb制作者としてこれから向かうべき方向ってどこなんだろう?って事をよく考えます。

どういう考え方をしながら目指す方向を考えていくのか?
技術的な話では無く、ユーザーをとりまく環境の変化などを見据えた上で何をやっていくのか?
ものづくりに関わる者として、何を大切にしようと思っているのかなどをお話したいと思います。

よろしくお願いします。

後藤 賢司

後藤 賢司

出版社、デザイン会社、広告代理店のウェブ制作会社、企画・マーケティング会社を経て、2006年よつばデザイン設立。 東京と大分の2拠点でウェブサイトの企画、制作、運営を中心に活動。地域活性化や子育てなどに興味を持つ。日本初の子供服中心のメディアサイト「COCOmag」の企画・運営。和菓子好き。 WordCamp Tokyo、Word Bench、東京・茅場町にあるコワーキングスペースCo-Edoで「ゼロから始める WordPress 勉強会」などの活動を行っています。


コミュニティーと仕事論 菱川 拓郎さん【セッション紹介 】

2014.01.27
セッション紹介

1608638_666219506754610_1213267044_n

こんにちは、菱川拓郎と申します。少し私の話をさせてください。2007年にWeb制作業界に入り、運悪く勤めていた会社はぶっつぶれ(IT業界では珍しい話でもないですね)、2010年からフリーランスのWebエンジニア、ディレクターとして活動してきました。何の案件も引き継げず、社内引きこもりで人脈ゼロ。スキルも普通、経験も普通、そんな私が3年間フリーランスとしてどうにか生き抜いて来られたのはコミュニティのおかげだと思います。メガネさんともそんなコミュニティを通して知り合いました。

そしていま、とあるコミュニティのメンバーを集めて株式会社を起業し、コミュニティのメンバーの力を合わせて書籍も出版することができました。こんな私の経験が、これから先生きのこるための何かのヒントになれば幸いです。ということで、続きは会場で!

菱川 拓郎

菱川 拓郎

Web制作会社でマークアップエンジニア、企画・開発ディレクターとして勤務したのち、フリーランスとして独立。
独立後はオープンソースCMS「concrete5(コンクリートファイブ)」のコミュニティに参加、日本語版の翻訳や、開発・普及活動を行なう。2012年よりconcrete5のサポート・普及活動を行なうコンクリートファイブジャパン株式会社を設立。CMSがウェブ制作者とクライアントの良好な関係をいかに手助けできるかを常に考えている。


破滅派という働き方 高橋文樹さん【セッション紹介 】

2014.01.24
セッション紹介

hametuha

こんにちは。高橋文樹です。 恥の多い生涯を送ってきました。このたびMegane Fes in GMOの登壇者としてお招き頂きましたので、セッション内容の紹介をさせていただきます。

セッションのタイトルは「破滅派という働き方」です。私は2007年にこの業界に入り、3年後に独立して株式会社破滅派を設立、いまにいたります。主催者のメガネさんからは「そんな名前の会社でやっていけるのか、なぜ生き残っているのか」という質問をよくいただいており、その縁でこのようなセッションをさせていただく運びとなりました。確かに、他人の気持ちになって考えると、破滅派などという名前の会社に発注するというのは考え難いです。

このセッションでは、不穏な名前の会社がどのようにして生き残っているのかについてや、破滅派の台所事情などについて包み隠さずお知らせしたいと思います。Web制作を生業とされる方であれば、参考になるのではないでしょうか。
もしかしたら口が滑ってしまうかもしれないので、セッションの内容はオフレコで!

高橋 文樹

高橋 文樹

2001年大学在学中に小説家としてデビューするが、長い冬の時代を過ごす。2007年、Web制作のノウハウを身につけるため、ITベンチャーに就職。2010年、自身主催の同人誌「破滅派」を株式会社化し、独立。以後、受託案件で食いつなぎながら文学への野望を静かに燃やしている。電子書籍とWordPressについてはそこそこ詳しい。


WEBサイト制作プロジェクトを成功に導くための銀の弾丸はどこにあるのか?

2014.01.09
セッション紹介

toolsおはようございます。メガネです。
昨日の「gitとかSassとかGruntとかVagrantとか便利そうだけど、いまいち敷居が高い感じでできてない。そんな人におすすめのセッション!」に引き続き今日もセッション紹介をお送りします。

事例紹介 コレまでのWEB制作経験の中から、成功例と失敗例をあげ、なにが違ったのか?どうしたら良いのかを考える。

17:00〜17:25

こちらはWordCamp Kobe 2013 に登壇した時にお話させていただいた、 「ウェブディレクターのためのWordPressサイト運用事例」
の2014年改良版となります。

当時のスライドはこちら

WordCamp Kobe 2013 において話した内容

#1:更新が結果を生み出す
今回スポンサーにもなって頂いている 美容室 Hair-annnei さんの事例を元に、お客さんが自分で頑張って更新することで良い結果が出ましたという内容。

#2:ソーシャル活用とアクセス解析
届けたい情報をより多くの人に効率良く届けるためのソーシャルの活用と、Accessの解析方法の内容

#3:お客さんと一緒にやるということ
ディレクターもしくはWEB制作者が、お客さんと一緒になって考え、サイトを運用していくという内容

#4:技術や情報を常にキャッチアップしていくということ
そのために常に勉強していきましょうねという内容

#5:その場で体感したコミュニティーの楽しさと可能性
そのときに即席で出来上がり今も開発が続いている Stop the Bokettchの紹介と、コミュニティーの可能性についての内容

#6:自分のメディアを持つことのススメ
そして自分のブログなどWEBメディアを持つとそれらが実践できて、実感できてスキルアップにもつながっていいよという内容

などをお話しました。

失敗体験もお伝えします。

実際にはもちろんうまくいかないケースも日々経験しております。本セッションにおいては、失敗事例もなるべくお伝えしようと思います。

– プロジェクトの役割の明確化がなされず、責任の所在があやふやになり、トラブった話
– 繰り返す仕様変更などに全くプロジェクトが進まなくなった話
– 追加の仕様についてどこまで対応するのか、費用はどのように算出するのか

などなど、どれもなかなか一筋縄では行かないわけですが、そういったことも共有してみようと思います。

また、これらを解決するための方法を、私なりにいろいろ探しました。その一つがWP-Dであったりもするわけですが、(くわしくはコミュニティーこそ情報の中心 〜WP-Dというコミュニティーについて〜 悩みも解決するかも!のなかで触れております。)

プロジェクトマネジメントにおける先人の知恵を借りる

最近、日本ディレクション協会というディレクターが集まる協会のイベントに何度か参加させていただきまして、いわばWEB制作などを含む案件(プロジェクト)について、それの正常な進行を管理するための役割として

プロジェクトマネジャー

という役割があるということを学びました。また、プロジェクトマネジャーがなすべきことを体系化したものとして、

PMBOK(ピンボック A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

というものがあるということを知りました。どうやらこの辺りにWEBサイト制作を上手に行うためのノウハウがありそうな気がします。ただ、先日の日本ディレクション協会のイベントに参加した際に、聞いた内容よると

「プロジェクトの成功の鍵は千差万別であり、PMBOKを習得したとしてもそれがすべてのプロジェクトを成功に導くための銀の弾丸になりうることはない、しかし同じように困っていた先人がなるべくそれらを解決するために作った知識体系(PMBOK)は知っておいて損はない」

とのことです。この辺りは私も去年後半に知った内容ですが、現在とても興味のある内容なので、一緒に学んでいければとおもいます。

イベントは2月1日に行われます!

参加者登録いただきました皆様に、本サイトでも利用しておりますオリジナルWordPressテーマをプレゼントしております。詳しくは下記をご確認下さいませ。

present
謹賀新年 申込者限定特典:その1 Fesサイトで利用しているテーマ(汎用版) プレゼント !!

会場でお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。


gitとかSassとかGruntとかVagrantとか便利そうだけど、いまいち敷居が高い感じでできてない。そんな人におすすめのセッション!

2014.01.08
セッション紹介

はい、メガネです。
表題のとおりです。WEB制作の方法がいろいろ変わってきてますね。

表題で上げたgit , Sass , Grunt , Vagrant 等々。。。 すでに「全部やってるよ」という人もいるでしょうし、「部分的には導入してる」とか、「全然やってないけど問題ないよ。」なんて人もいるかもしれません。

「触ってみたいけど、いまいちよくわかってないんだよね。」

はい、あなた!そういうあなたのためのセッションです。

これからのWEB制作必須スキルセット

15:00〜15:25
– cssフレームワークの利用
– 仮想環境とgitの利用
– 黒い画面を含めた、便利なツール紹介

すでにググれば各ツールの有益な情報、わかりやすい手順等はきっと出てきます。なのでこのセッションで細かな導入方法の紹介等は極力行いません。参考にしているサイトや人などは積極的にご紹介します。そして、

実際にどう便利なのか?
何がどう早くなるのか?

そういった現場レベルで実際に便利な様子をご紹介します。結果としてこういったツールを触るきっかけになればと思います。具体的にはこんな感じになります。静的なサイトワイヤーフレームを作る際のデモで3分程度の動画です。

Github該当リポジトリ : Foundation5-meganeset
利用CSSフレームワーク : Foundation 5

macの各種アプリの呼び出しにはAlfledというランチャーを使っています。最近お気に入りです。
アプリランチャー : Alfled

ざっくりと、サイトのワイヤーフレームなどを作る際に、以前はPSDを活用していましたが、最近はこうやって実際に組みながら作業することが増えてきました。レスポンシブな振る舞いをその場で確認できますし、修正などもすぐに出来る上、コーディングに無理が無いということで、良いことが多い気がしています。

昨今ではフロントエンドエンジニア、そしてフルスタックエンジニアと呼ばれる多くのスキルをカバーすることに注目が集まっていますよね。当然のように黒い画面を触るわけです、そういうことへの入り口にもなれるようなセッションをお届けできればとおもいます。

とは言え私も去年までは黒画面怖い!!という層の一人でした。ちょうど去年AWSのSummitにて「AWSがわからない」というLTをしていますが、その中で黒い画面がさわれない。。という内容も話しています。 1:14:40 ぐらいからです。

なので、まだまだなんですが、最近こういうのを触るのはとても楽しいんですね。そして、やればやるほどWEB制作の効率化ができると感じています。のでそういう感じが伝わって、今後一緒に情報共有して勉強していければと思います。

Megane Fes in GMO にまだ参加登録してない! という方はこちらから登録ください。

参加者登録いただきました皆様に、本サイトでも利用しておりますオリジナルWordPressテーマをプレゼントしております。詳しくは下記をご確認下さいませ。

謹賀新年 申込者限定特典:その1 Fesサイトで利用しているテーマ(汎用版) プレゼント !!

会場でお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。


コミュニティーこそ情報の中心 〜WP-Dというコミュニティーについて〜 悩みも解決するかも!

2013.12.26
セッション紹介

どもメガネです。26日です。クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか? タイムラインには「カップル爆発しろ」ではなく、サンタさんとして、どんなサプライズを提供したかというような内容が溢れ、そういう年代になったのだなあと感じました。さて、セッション紹介です。一つ目のセッションについてご案内します。

コミュニティーこそ情報の中心
– WP-Dというコミュニティーについて-

タイムテーブル:14:00〜14:25

このセッションではWP-Dを例に上げながら、コミュニティーの利点、楽しさ、強みなどを説明します。その上で、「なにかコミュニティーに入ってみようかな」とか、「自分でコミュニティーを立ちあげてみようかな」など思ってもらえたらいいなと考えています。

WP-Dの発足は2012年7月14日です。鹿児島で行われたWordPressのイベントWordVolcanoにおいて、「WP-Dを始めます」というLTを行いました。その際の動画はこちら

その時のスライド

当時、私は大きな悩みを抱えていました 「WEBディレクションが上手く行かず辛い」というものです。WEBサイト制作というプロジェクトが始まるときには、クライアントもディレクターもデザイナーもプログラマーもみんなやる気だったはずです。みんなが良い物を、満足の行くものをつくろうという気持ちでいます。

やる気に溢れるメンバーの図

パーフェクトディレクションという理想

なのに、ディレクションを上手く行えない結果、何度も差し戻しが発生し、次第に全体のモチベーションが下がりだします。それでも仕事なので、納期までに形する必要があります。そうなるとディレクターは帳尻を合わせに奔走することになります。結果として、無理な要望やスケジュールを通すために全方向に謝り続けるということになります。

破綻したプロジェクト

破綻したプロジェクト.. 悲しい。。

この悩みについて、ずーっと悶々としていました。そして、こういうことはきっと起こるはずだから、なんとか知識を共有することでこの悩みを解決できないだろうか。そう思って立ちあげたのがWP-Dでした。

WordVolcano開催中にその場にいた、知り合いWEBのディレクターさんなどに声を掛け、WP-Dの共同執筆をお願いしました。懇親会にて、WEB制作におけるお互いの悩みや、今使ってる便利なツールを教え合ったりしました。普段、なかなかWEB制作ディレクションについて話し合う機会がないのでとても刺激的だったことを今でも思い出します。そう、やりたかったのはこういうことだ!もっといろんな情報を共有したらきっと楽しいに違いないと感じていました。

さて、WP-Dを立ちあげてから1年半程度経過しました。「WEBディレクションが上手く行かず辛い」という悩みの解決はされたのでしょうか。また、WP-Dというコミュニティーでの情報共有が、どのような影響を私に与えたのでしょう。 より詳しくセッションでお伝えします。

WEB制作を行うことは、それほど簡単ではなく。また新しい技術がどんどん入っきて。やっと習得した技術がどんどん古くなりますよね。実際のWEB制作においてそういった事で悩んでいたり、メンバー間で円滑なコミュニケーション取れずに困っている。そんな人のなにかしらの役に立つかもしれません!また、新しい情報をキャッチし続けることに疲れ、今後やっていく自信がなくなっているそんな人にも、大丈夫!と思って頂けるような内容になる予定です。会場でお会いできることを楽しみにしています。


Let's Sponsored

スポンサーのお申し込みは
こちらから

Sponsorスポンサー

Next Event

次回予告

WP-D Fes #02 次回は2014年 夏に野外でのイベントを予定!!

Go Outdoor!! with IT

IT夏フェス! みんなで外に出て何か作ったりしよう !
ということで、夏の日に野外の開場にてITイベントをしたらどうなるのか?
wifiは何処のが一番つながるのか? バッテリーは持つのか? 外で開発はできるのか?などに挑戦するべく計画中です。

ご期待ください!!


WP-D Fes #1 Megane Fes in GMO のホスティングサーバーは ConoHa を利用しています。
Proudly powered by WordPress

Special Thanks

WP-D Fes #1 Megane Fes in GMOを支えるスタッフ紹介

▲TOP