WP-D Fes #01 2014 / 02 / 01 / sat

Megane Fes in GMO

これからのWeb制作について考える!
・コミュニティー・CSSフレームワーク・自動化・ファイル管理・ディレクション・事例紹介

gitとかSassとかGruntとかVagrantとか便利そうだけど、いまいち敷居が高い感じでできてない。そんな人におすすめのセッション!

2014.01.08
セッション紹介

はい、メガネです。
表題のとおりです。WEB制作の方法がいろいろ変わってきてますね。

表題で上げたgit , Sass , Grunt , Vagrant 等々。。。 すでに「全部やってるよ」という人もいるでしょうし、「部分的には導入してる」とか、「全然やってないけど問題ないよ。」なんて人もいるかもしれません。

「触ってみたいけど、いまいちよくわかってないんだよね。」

はい、あなた!そういうあなたのためのセッションです。

これからのWEB制作必須スキルセット

15:00〜15:25
– cssフレームワークの利用
– 仮想環境とgitの利用
– 黒い画面を含めた、便利なツール紹介

すでにググれば各ツールの有益な情報、わかりやすい手順等はきっと出てきます。なのでこのセッションで細かな導入方法の紹介等は極力行いません。参考にしているサイトや人などは積極的にご紹介します。そして、

実際にどう便利なのか?
何がどう早くなるのか?

そういった現場レベルで実際に便利な様子をご紹介します。結果としてこういったツールを触るきっかけになればと思います。具体的にはこんな感じになります。静的なサイトワイヤーフレームを作る際のデモで3分程度の動画です。

Github該当リポジトリ : Foundation5-meganeset
利用CSSフレームワーク : Foundation 5

macの各種アプリの呼び出しにはAlfledというランチャーを使っています。最近お気に入りです。
アプリランチャー : Alfled

ざっくりと、サイトのワイヤーフレームなどを作る際に、以前はPSDを活用していましたが、最近はこうやって実際に組みながら作業することが増えてきました。レスポンシブな振る舞いをその場で確認できますし、修正などもすぐに出来る上、コーディングに無理が無いということで、良いことが多い気がしています。

昨今ではフロントエンドエンジニア、そしてフルスタックエンジニアと呼ばれる多くのスキルをカバーすることに注目が集まっていますよね。当然のように黒い画面を触るわけです、そういうことへの入り口にもなれるようなセッションをお届けできればとおもいます。

とは言え私も去年までは黒画面怖い!!という層の一人でした。ちょうど去年AWSのSummitにて「AWSがわからない」というLTをしていますが、その中で黒い画面がさわれない。。という内容も話しています。 1:14:40 ぐらいからです。

なので、まだまだなんですが、最近こういうのを触るのはとても楽しいんですね。そして、やればやるほどWEB制作の効率化ができると感じています。のでそういう感じが伝わって、今後一緒に情報共有して勉強していければと思います。

Megane Fes in GMO にまだ参加登録してない! という方はこちらから登録ください。

参加者登録いただきました皆様に、本サイトでも利用しておりますオリジナルWordPressテーマをプレゼントしております。詳しくは下記をご確認下さいませ。

謹賀新年 申込者限定特典:その1 Fesサイトで利用しているテーマ(汎用版) プレゼント !!

会場でお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。


Let's Sponsored

スポンサーのお申し込みは
こちらから

Sponsorスポンサー

Next Event

次回予告

WP-D Fes #02 次回は2014年 夏に野外でのイベントを予定!!

Go Outdoor!! with IT

IT夏フェス! みんなで外に出て何か作ったりしよう !
ということで、夏の日に野外の開場にてITイベントをしたらどうなるのか?
wifiは何処のが一番つながるのか? バッテリーは持つのか? 外で開発はできるのか?などに挑戦するべく計画中です。

ご期待ください!!


WP-D Fes #1 Megane Fes in GMO のホスティングサーバーは ConoHa を利用しています。
Proudly powered by WordPress

Special Thanks

WP-D Fes #1 Megane Fes in GMOを支えるスタッフ紹介

▲TOP